常に3%還元の最強カード紹介

2021年携帯プラン見直し 完全かけ放題の場合

3 min 86 views
2021 スマホプラン

ドコモ、au 、ソフトバンクの各社が大容量、中容量、小容量の各種プランをできるだけシンプルにした形でプラン発表されました。 最後の発表となったauについては、すごく気になっていたのでリアルタイムで発表会を見ていました。 

2021年各社のプランが出そろったので改めて携帯プラン乗り換えるべきかどうか調べてみました。

正直、一番びっくりしたのは24時間データ通信使い放題しかも、テザリングもできる!ってサービス内容ですね。  たまに、外でがっつりPCと一緒に使うっていうときはとても良いプランですね。

そこまで頻度は高いことないと思いますが、5日間使ったとしたら、追加で1,000円払うだけ使い放題はめちゃくちゃありがたいです。

ケイ

ケイ

調べた結果、ワイモバイルを継続することにしました

\ぜひ、改善楽しみにしてます/

現在利用しているプラン内容

ワイモバイルを以下を利用中
  • iPhone12Pro ;スマホプランR 4,680円 +完全かけ放題プラン 1,000円
  • iPad Pro セルラーモデル(私) :データシェアプラン490円
  • iPad Pro 10.5 セルラーモデル(妻用) :データシェアプラン0円 (上に付帯)

合わせて、6,170円で3台運用となっています

  • 家族割プラン利用で、私の母親と妻の母親が契約中

このような形で妻を除き、ワイモバイルでがっつりとつかまれている状態になっています。  ちなみに、ワイモバイル新プランの場合は、実質支払う金額は変わらないものと想定しています。 ただし、データシェアプランが公開されるかはわかっていません。

仕事柄電話をよくするので、すべてのプランは音声通話完全かけ放題ありで検討しています。

妻

私もワイモバイルにしたほうが安くなりそうね!!

auとドコモに変えるべき?

auとドコモの新しい料金プランが発表されたため、乗り換えるべきかどうか調べました。 ちなみに、ソフトバンクへの乗り換えはありません。 現状の利用の仕方で悩むとすればauのUQ mobile,povoかahamoが対抗として出ています。

povoの値段まとめ

  • 月20GB で2,480円
  • 完全かけ放題+1,500円
  • データ使い放題(24時間)+200円
  • データシェアプランは検討中
  • 家族割なし

といった形です。 スマホ単体で20GB+かけ放題で3,980円

データシェアは1端末1,000円で提供されれば、タブレット2端末契約で、5,980円 となりました。 親会社のauのプランを引き継ぐなら、1回戦あたり5回線までシェアできるようになっています。

povoが一番安いプランになっています

UQ Mobile値段まとめ

  • 月25GBで3,480円
  • 完全かけ放題+1,870円
  • データシェアプランなし
  • データ繰り越し可能
  • 家族割あり

スマホ単体であれば、5,350円で25GB でかけ放題となります。 現状、データシェアプランがないことを考えると、UQ Mobileの値段では厳しそうです

ahamoプラン

  • 月20GBで2,980円
  • 完全かけ放題+1,000円
  • 家族割無し

スマホ単体であれば、3,980円で20GBでかけ放題とpovoと同じ結果となりました。ただし、データシェアプランは公開されていないため、タブレット維持費用が高価となります。

docomoの場合は、データシェアは親端末1回線につき、1回線のデータシェアしかできなさそうです。

ちなみに、2回線シェア出来た前提でいけば、データシェアプランは1端末1,000円となるため、スマホ1台、タブレット2台で5,980円とpovoと同じ結果となります。 この値段でdocomo回線が使えるとなるとかなり強いプランですね。 人気なのも納得です。

大容量プランで使い放題はアリか?

ここまで来て考えるのは、そもそも20GBとか25GBとか気にしないで、がっつり使い放題プランにしたほうが快適ではないかということです。 あくまで全員ドコモにした場合で検討していきます。

  • ギガホプレミア(データ使い放題)で6,650円
  • 完全かけ放題 +1,700円
  • みんなドコモ割 -1,000円
  • 5Gデータプラス(データシェアサービス)1端末1,000円 30GBまで

といった形であり、スマホ単体で7,350円、タブレット1端末で8,350円となります。やはりデータ通信し放題と通話かけ放題を考えるとかなり高額になりますね。

ソフトバンクとauの大容量は真の意味で無制限ではないので検討除外しています

改めて、povoとの組み合わせが凄い

さて、ドコモの完全使い放題プラン7,350円で、povoの3,980円となっています。金額差は3,370円となっています。

データ通信使い放題は1日200円で出来ますので、3200円あれば16日間は使い放題を使うことができます。 この16日間をどう考えるかですが、通常に考えると20GB以外でこれ以上に使い放題を利用することは考えにくいです。

さらに後出し ワイモバイルへ期待

ソフトバンクといえば、他の会社がプラン発表した後に、対抗プランを出すことで有名です。 ワイモバイルはソフトバンクの子会社になっており、このままではUQ Mobie,povo率いるauに負けてしまう可能性があります。

ワイモバイル、ahamo、povoいずれも大手回線をそのまま利用できるので快適なスマホ生活は約束されています。 これによってMVNOという格安回線会社はかなりつらい想いをしているはずです。この後、どうなっていくのでしょうか。ワイモバイルにとっては、特に今回のUQ mobileの繰り越しプランとpovoの24時間使い放題オプションはかなり強敵になっています。  

ただし、私の場合は以下の理由でワイモバイルを使い続けることにしました。

家族割使える+データシェアを安くできる

ケイ

ケイ

正直いえば、povoのデータ使い放題はうらやましい!!

これからサービス開始までに新しくプラン見直しされることを期待しています。

ケイ

ケイ

大阪の北摂地域住 30代▷北摂地域には結婚を機に引っ越してきました。
夫:専門職 妻:看護師
DINKS家庭
生活するにおいてのちょっとしたコツを紹介中

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です