常に3%還元の最強カード紹介

突然のオファー ヘッドハンティングから学んだこと 3つ

5 min 388 views

どこも人材不測と言われている日本の企業。 そこでよく流行ってきているのは転職サービス

今回は一般的なサラリーマンであるケイが突然にヘッドハンティングの話が合った時の話です。

いやいや、そんなこといって普通に働いる会社員にヘッドハンティングなんてこないでしょ? って思うかもしれません。 私もそう思っていたひとりでした。 

この記事読めばこれがわかる
  • ヘッドハンティングの流れ
  • 実際にヘッドハンティングされたときに受けるべきか?
  • 自分から転職活動するのと大きく違う!! ヘッドハンティング
ケイ

ケイ

この記事読んで、私の経験からあなたが有利に動けますように

ヘッドハンティングされた流れ

  1. STEP

    突然の会社に手紙が届く

    ある日突然に、会社に個人名義宛の一通の封筒が届きました。 開封してみると、「ヘッドハンティングの文字」びっくりしすぎて周りをキョロキョロしながら封筒を自分のカバンの中にしまいました。

    家に帰ってみて、開封

    このようなことが書かれていた。

    拝啓 時下益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
    突然のお手紙をお許しください。
    私は、〇〇株式会社の代表と務めています。〇〇と申します。 弊社はヘッドハンティングエージェントとして、日本全国のクライアント様の人事獲得のお手伝いをしております。

    今回、〇〇〇〇(企業名は書かれておらず業種のみ記載)より優秀な人材のスカウトを依頼されております。
    ケイ様のこれまでのご経験を最大限に発揮できるポジションであると確信し、誠に勝手ながら今回お声がけさせていただきました。

    案件詳細やその他概要につきましては、直接お話させていただく思っております。
    勿論、本件秘密厳守で動きますのでご安心ください。
    ご面談可能か否かにつきまして、メールもsくはお電話にてご連絡頂戴したく存じます。

    突然のご連絡で大変驚かれると存じますが、まずは情報交換という形でお話する機会を頂戴できましたら大変幸いです。

    最後に、このような不躾なお手紙をお送りした失礼につき、お詫び申し上げます。
    何卒ご検討のほどよろしくお願いします。
                               敬具
                                〇〇株式会社 〇〇

    早速、気になったので電話してみて概要を聞き、先方の会社名については秘密保持契約書を結んだのちに公開されるという流れになった。

  2. STEP

    ヘッドハンティング会社との面談

    早速ヘッドハンティング会社との電話面談がスタートとなりました。 聞かれた内容は、、、

    ・転職活動自体に興味があるか?
    ・今の年収はどれくらいか?
    ・今後の転職進め方について

    話としては20分ぐらいで終わりました。 実際に秘密保持契約書も結んだので、転職先の企業情報もいただき、こちらは履歴書、職務経歴書を提出して次にステップに進みました。

    給与やポジションなどは企業側と直接、話をしないように説明されました。

  3. STEP

    企業側とヘッドハンティング会社とウェブ面談

    次はいよいよ転職先を踏まえたカジュアルな形でのウェブ面談です。

    先方は総務関係者との面談となり、どの様な企業でどのような人材が欲しいかの話を聞くことできました。 実際に就職するポジションの人は出ていなかったために、率直な話が聞けて良かったです。

  4. STEP

    実際に企業に赴き、会社見学会と面談実施

    同業種ですが転職先の会社は見学したことがなかったので、丸一日かけて見学をさせてくれることになりました。 大阪から離れることもあるので、実際の生活感もつかみたいことも相談しました。

    結果、妻と一緒に行くことになり会社の見学は私のみで、その後街並みを夫婦で回って実際の生活する感じをつかむことになりました。

    妻の分も含めて往復の交通費は先方が負担してくれました。

  5. STEP

    再度、ヘッドハンティング会社とウェブ面談

    実際に会社見学に行った後にヘッドハンティングと再度打ち合わせ。ここではかなりぶっちゃけた意見を伝えました。

    不安に思っていることを伝えました。  そして、なによりも結婚もして家も購入しているのでそのあたりも補填されないと当然のことながら転職することはできないことも伝えました。

  6. STEP

    最終面接

    先方から考えているポジションがある。最終的には社長面接を受けてもらう必要がある。と伝えられました。 再度、先方の会社に赴き、重役5名と面接することになりました。

    その中で自分が働くことに対して気になることを質問しました。

    ・ 社長が考えている将来ビジョン
    ・ 自分が貢献できる(マッチできる)職種の確認
    ・ 実際にどのようなポジションで働いてほしいか。

    ヘッドハンティングはこちらがあくまで、「引き抜きを受ける側」だからこそ、有利な条件で調整を進めることはできます。 志望動機は聞かれましたが、素直に「ヘッドハンティングを受けてマッチできるかも?と思ったから」と答えました。

  7. STEP

    待遇提示および交渉

    ここで初めて、給料とポジションの交渉となりました。 経験者に聞いたら先に提示されてから進める場合もあるみたいですが私の場合は最後になりました。

    こちらの総合年収や具体的な内訳(基本給、ボーナス、諸手当)をエージェントにお伝えしました。正直話さないといけないことなのか? って思ったけど交渉材料として必須ということでした。

    最初の提示額から交渉をスタート開始しました。

ヘッドハンティングから学んだこと

実際にヘッドハンティングを受けてみて学んだことは多くありました。

・自己価値の再確認 
自分自身のスキルや経験の価値を再認識する良い機会
・市場価値の理解
自分の職業や業界における市場価値を理解することができる。
・キャリアプランの再考
自分のキャリアの進行方向を再考する機会を提供してくれる。

自己価値の再確認

自己価値の再確認は、ヘッドハンティングから得られる最も重要な洞察の一つです。

日々の仕事に忙殺され、忘れがちな自分自身の価値を、ヘッドハンティングは明確に浮き彫りにします。

ヘッドハンターがあなたを選んだ理由を理解することで、自分の強みや特性をより明確に認識することができます。それはあなたが特定のスキルを持っているからかもしれませんし、あるいは特定の経験を積んできたからかもしれません。それらのスキルや経験が他の多くの人々とあなたを区別し、あなたに価値を付加するのです。

また、自己価値の再確認は、自己信頼の向上にもつながります。

自分自身の価値を理解することで、自分の能力とポテンシャルに対する信頼感が強まります。それは新たな挑戦を受け入れる勇気を与え、自己成長の推進力となります。

しかし、自己価値の再確認は自己満足に終わらせるものではありません。

それは自己改善と自己開発のための出発点でもあります。自分の強みを理解すれば、それを更に強化するための戦略を立てることができます。また、自分が持っていないスキルや経験を明確に認識すれば、それを獲得するための計画を立てることができます。

結局のところ、ヘッドハンティングは自己価値の鏡とも言えます。それは自分自身を見つめ直すための貴重な機会を提供し、自分自身の成長と進化を促す原動力となるのです。

市場価値の理解

市場価値の理解は、ヘッドハンティングから得られるもう一つの重要な洞察です。

自分のスキルや経験が職場や業界全体でどの程度評価されているかを理解することは、自己評価とキャリア計画において非常に重要です。

ヘッドハンターがあなたに興味を持つ理由は、あなたが市場で求められるスキルや経験を持っているからです。あなたが持っている特定のスキルや経験は、業界全体での需要と供給のバランスを反映しています。そのため、ヘッドハンティングは、あなたが持つ特定のスキルや経験がどの程度価値があるのか、またその価値が将来どのように変動する可能性があるのかを理解するのに役立ちます。

また、市場価値の理解は、給与交渉や新しい職位への昇進の際にも有用です。自分のスキルや経験の市場価値を理解していれば、それに基づいて適切な給与や待遇を要求することが可能になります。

さらに、市場価値の理解は、自己開発の方向性を決定する上でも役立ちます。どのスキルや経験が特に価値が高いのか、またはどのスキルや経験が将来的に需要が高まる可能性があるのかを理解すれば、それらのスキルや経験を獲得または強化するための学習計画を立てることができます。

キャリアプランの再考

市場価値の理解は、ヘッドハンティングから得られるもう一つの重要な洞察です。

自分のスキルや経験が職場や業界全体でどの程度評価されているかを理解することは、自己評価とキャリア計画において非常に重要です。

ヘッドハンターがあなたに興味を持つ理由は、あなたが市場で求められるスキルや経験を持っているからです。あなたが持っている特定のスキルや経験は、業界全体での需要と供給のバランスを反映しています。そのため、ヘッドハンティングは、あなたが持つ特定のスキルや経験がどの程度価値があるのか、またその価値が将来どのように変動する可能性があるのかを理解するのに役立ちます。

また、市場価値の理解は、給与交渉や新しい職位への昇進の際にも有用です。自分のスキルや経験の市場価値を理解していれば、それに基づいて適切な給与や待遇を要求することが可能になります。

さらに、市場価値の理解は、自己開発の方向性を決定する上でも役立ちます。どのスキルや経験が特に価値が高いのか、またはどのスキルや経験が将来的に需要が高まる可能性があるのかを理解すれば、それらのスキルや経験を獲得または強化するための学習計画を立てることができます。

自分のキャリアを自分の手でコントロールするための一歩

自分のキャリアに満足していますか?

もっと自分の能力を活かせる場所があればと思っているなら、ヘッドハンティングが答えかもしれません。

この記事では、ヘッドハンティングがどのように機能し、あなたのキャリアにどのように影響を与えるかを解説します。成功を収めた実際のストーリーも共有します。自分のキャリアを自分の手でコントロールするための一歩、それがヘッドハンティングです

ケイ

ケイ

大阪の北摂地域住 30代▷北摂地域には結婚を機に引っ越してきました。
夫:専門職 妻:看護師
DINKS家庭
生活するにおいてのちょっとしたコツを紹介中

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です